山桜膨らむ2007/04/04 20:50

今朝は放射冷却で、一面に霜が降りた。

真っ白に姿を変えた道端に、梅の花びらがはらはらと落ちる。

朝日を浴びて、霜がキラキラ輝くそばで、プリムラや水仙の花が、じっと寒さに耐えてうつむいている。

真っ青な空と明るい太陽のおかげで、風が冷たいわりに、気持ちはどことなく春めいている。

カーラジオの声が、耳に飛び込んできた。

「今日も寒いねえ。あったかいと感じるのは、仙台じゃ、一年の4分の一ですよ」

花冷えの春ガ杉、暖かくなるのは確かに5月あたりから。6月の梅雨寒に、ヤマセの風が吹き、暑い夏は8月のほんのひと時。4分の一はさすがに言いすぎにしても、暖かい時期はたしかに短い。

そんなことを考えながら、視線を山に移すと、そこかしこの山桜が、うす紅色にかすんで来たのに気づく。

ソメイヨシノの豪奢な桜も好きだが、山桜も格別である。

春が、いとおしく感じられた。