ガリガリ君2009/02/01 20:56

みぞれ雪で、昨夜の道路はイタリアンジェラードの世界だった。

今朝は、夜明けころから「がりがり」というすさまじい音で目が覚める。

車が、氷を踏みしだく音である。

玄関を開けて「やっぱりな・・・」。

一面、「ガリガリ君」になっていた。(ソーダ味かどうかは味見しなかったが・・)

牛小屋の前は、斜面から流れた水で、スケートリンク状態の「つるピカ君」になっていた。

滑って転んで、牛に笑われるのもシャクだから、長靴でぴょこぴょこ歩く。

すると、まったくどんくさいの~と、牛は白い目でおかるを見ている。

おてんとうさんの偉大な力で、ガリガリ君もつるピカ君も、昼前にはすっかり姿を消してしまった。

奇跡2009/02/02 20:22

地元の本やさんに、「心にひびくお話」が、なんと4冊も増えていた。

しかも、「高学年向け」まで新たに2冊もおかれていた。

こんな片田舎に起こった、奇跡です!

奇跡を起こしてくださった、齋藤様、しいあ様・・・ありがとうございます!!!

節分2009/02/03 20:53

今日は節分である。

そうべえも肉牛部会の集まりに出かけてしまったしで、豆まきはしなかった。

そのかわり、黒豆を炒り、腹の中で豆まきをした。

「えっと、としのぶんだっけ?」

娘が片手に豆をのっけて頬張る。

しかし、おかるにとっては、年の数食べるのは、大変・・・。

そうべえの帰りが遅くなっても、角を生やさないようにしなくちゃな!

失礼いたします・・・。2009/02/04 23:08

このところ、朝はカリカリに冷え込んでいる。

牛小屋に行くと、牛の息がもうもうと白い煙になって湧き上がり、それが朝日を反射して、牛小屋全体が白くかすんで見えるほどだ。

おかるがわらをやり始めると、腹をすかせた牛たちはすぐに駆け寄ってくる・・・はずだが!?

おかるにおしりを向けたままま、じっとしている。

日向ぼっこをしているのだ。

後姿から、「おしりを向けて失礼いたします・・」という声が聞こえそう。

腹の中に発酵タンクを抱え、発酵熱のおかげで寒さに強いとはいえ、氷点下の冷え込みは応えるだろう。

朝の光の温かさで、とろりとした目つきの牛たちを見ていたら、おかるまでとろり・・・。

いいえ!いけません!ほら、仕事仕事!!

宇宙のかけら2009/02/05 23:35

物理学者竹内薫さんの「宇宙のかけら」(講談社)を読む。

ネコのカロアが、人間のカオルから「宇宙の成り立ちやこれからの姿」を聞いた話を、わかりやすいことばで語っていく。

挿絵もたくさん入って、美しい絵本仕立て。



結びの言葉に心ひかれれる。

<なぜ、わたしたちは生きているの?それはー。

星のかけらが、命になって、いっしょにいることが、幸せだから。>

おかる、宇宙のなりたちについて思索をめぐらす・・・。

物理学者のカオルは、宇宙は、アインシュタインのE=MC2 よりも複雑な連立方程式で表され、それはまるで「美しい一編の詩」のごとくであるという。

さて、おかるの生活もまた、相対性理論のE=MC2に支配されている。

E(良いか!)=M(まあ)C(こんなもんで・・)2

こらこら・・!

生まれいずる悩み2009/02/06 22:03

おかるの悪癖の一つ。

それは、料理の味見をすっ飛ばすことである。

よって、味のない味噌汁やしょっぱすぎるカレーが、そうべえを苦しめる。

うすうす感づいてはいたが、そうべえの数ある悩みの中で、第2位のランクにつけていることを知り、おかる、がくぜん!

今夜のメニューは、秋刀魚のつみれ汁、ぶり大根、ネギとおかかの和え物。

しっかり味見をした。

「だいじょうぶけ?しょっぱくね?」と、チェックも怠りない。

罪滅ぼしに、おからドーナツも揚げてみた。

悩みは生まれ続ける・・・・。日々、問題解決の連続である。

が、

ちゃっかり2009/02/07 20:52

山の牛舎では、ある程度成育した子牛たちが一緒に飼われている。

同じ部屋に、それぞれの母牛も繋ぎで同居しているから、子牛たちは乳も飲み放題のパラダイスである。

今日も仲良く3頭が日向ぼっこ。

真ん中の子牛は、一番前の子牛の腰に頭を乗せて「ぼく、らくち~ん!」と目を細めて良い気分。

どこにでも、ちゃっかり者はいるのね!