ビジネスマンの父から息子への30通の手紙2010/06/10 21:29



どうした経緯か、20年も前のベストセラーを図書館にリクエストしていた。

 とりあえず、読んでみた。

本書は、ビジネスマンとして成功を収めた著者が、同じく企業家を目指す息子へ宛てて書いた手紙をまとめたもの。

自分の失敗談もまじえながら、愛に満ちた教訓が、面々とつづられている。

これを読む息子って・・!やっぱり、エリートは親子関係からしてちがうんですねえ。

成功とか、エリートというものと無縁の身にとっては、さして心に響くものはなかった・・。

「読書の価値」という項目には興味を持ったが、「世の中には、原爆の投下、月面の歩行、それにコンピューターの発達といった科学的な進歩を・・」というくだりに、思わず目をむいた。

アメリカ人にとっては、原爆の投下とは、そういったとらえ方だったのだろう。

「読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする」・・・・という、フランシスコ・ベーコンの引用だけが印象に残った。


コメント

_ ひでじぃ ― 2010/06/11 04:47

とじょうさま
遊びに行かせてもらいます。前日はうらぴょんさまといっしょですし、また打ち合わせができそうです。仙台は大変なことで、青葉区に行ったことがあります。楽しみにしていますよ。

_ どじょう ― 2010/06/11 08:07

>ひでじいさま~!!! 東北オフ、熱烈歓迎いたします!酒豪様がそろい踏みですから、下戸のどじょうが企画しましたスイーツ2次会は、やっぱり酒豪の会に変更しなくては!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック