建具職人の千太郎2010/07/14 18:01



建具職人の千太郎(.岩崎京子著)を読む。

時は江戸時代、建具屋に、わずか8才で奉公に出た千太郎と姉を主軸にした、人情物語。

建具の細工や木の使い方など、専門用語もたくさん出てくるのだが、とても読みやすい。

どれだけ取材を重ねられたのだろう。

不器用な人間が、まじめに生きることの美しさが、まっすぐに伝わってくる。

著者の岩崎先生は、まもなく米寿を迎えられるという。

著者の人間の深みが、そのままにじみ出ているような気がする、作品だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック