泣いた牛2011/02/11 19:54

泣いた牛(てらいんく)を、著者の高橋文子さんより送っていただいた。
八丈小島での子供たちの暮らしが、生き生きとえがかれている。
高橋さんは、漆原智良先生の教え子でもあり、本土へ移住されてからは、詩集も刊行されている。
スカートの端を持って、魚を捕まえる情景など、読んでいてこちらの心まで浄化されそうだった。
短編集の最後を飾るのが、タイトルにもなった「泣いた牛」のお話。
牛は涙を流す・・・・。
その涙を受け止める心の優しさがいとおしい1冊です。

コメント

_ 牛の家族 ― 2011/02/14 17:43

もしかして、K,Hさんでしょうか?ご紹介いただきありがとうございます。
まだまだ、稚拙さの残る文体だと思います。
牛を飼っている方から、ご評価いただき、うれしいです。本人も励みになります。

_ どじょう ― 2011/02/16 08:50

>牛の家族様 こんなところまで、お越しいただきありがとうございます。K/Hでございます。すがすがしさの残るうれしい1冊でした。てらいんくさまにもDM送りました。感想も先日、高橋様宛にお手紙で送らせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック