飼槽のたぬき2011/03/01 16:25


朝、牛舎に行くと、なんとびっくり!
飼槽の中にすっぽり入り込んで、やせた狸が必死でえさを食べていた。
おかるの気配を察すると、だっと逃げていった。(↑緑のポケット辺りにいるのが狸です)
牛たちといえば、の~んびりねそべってどこ吹く風である。
牛小屋にはたくさんのお客がやってくる。
野鳥にねこ、狸にイノシシとにぎやかだ。
牛の寛容さが、客を招き入れるのかもしれない。

*頑張って、短編をとりあえずまとめあげた。
お茶を飲みに来たそうべえが、印刷したものに目を止め、興味深げに眼を通す。
顔を上げて一言、「試合結果だけ見ました、って感じだな」。
いつもながら、きつ~い!(ドラマがないってことですかい)
く、くやしい~!書き直すぞ~!

コメント

トラックバック