巡ってきた3月2012/03/01 18:20

今までの寒さがうそのように、最高気温が9度まで上がりました。
今日から3月。
どうしても、1年を振り返ってしまいます。
集金に来た餌やさんは、津波被害の山元町に住んでいます。
相馬や福島沿岸部にお客さんが多いので、いろいろな情報を聞かせてくれます。
福島の原発に近い部分は、角田とはけた違いの厳しい値が、いまだに出ていることも聞きました。
「でも・・」と、餌やさんは続けます。
「1年前は、何をどうしたかもわからなかったけれど、ずいぶん落ち着いたように思いますね。南相馬では、新しく家を建てた人もいるんですよ」
どんな時も、前に進むパワーを失わない人がいるんだな・・とハッとさせられました。
餌やさんは、こうも言いました。
「皆、変わった気がしますよ。なんか、助け合うっていうか、互いを思いやる気持ちが深くなった気がします・・・」
支え合わなければ生きてければいけない厳しい状況にいるということですが、得たものもたくさんあるんだな・・そう、思え手、笑顔で餌やさんと別れました。
昨日は、やっと、某紙への寄稿文を送付しました。
1年を振り返ってのエッセイですが、書き上げるのに、とても苦しみました。
「こんなもの送るな」と、そうべえに星一徹張りのちゃぶ台返しを2度も食らって、悔しさのあまり原稿を丸めて投げましたとも。
「エネルギーがたりないんじゃないのか?」と、白んだ目で一瞥され、ムキ~!と発火(このように、脳内が大変単純な構造になっております)。
おかげで、まだ火がくすぶっております。

映画2012/03/02 20:18

次女の体調が少し良くなったので、いっしょに映画を観てきました。
「ALWATS 3丁目の夕日」です。
べたな展開だとわかっていても、めちゃめちゃ泣かされました。
東京オリンピックの頃の時代が、自分の世代的にも感傷を誘うのかもしれません。
感傷も、たまになら、悪いことばかりではないでしょう。
ちょっと、すっきりしました。
明日から、従弟の結婚式で、名古屋へまいります。
なのに、今夜は大雪になる予報が。
明日の朝、無事に新幹線に乗れますように~!

名古屋2012/03/04 21:41

従弟の結婚式で名古屋に行きました。
名古屋城、とても立派でした。
やはり、百聞は一見にしかずです。
実際に体で感じてみなければ、わからないことを改めて感じました。(瓦礫もそうだと思いますが・・・)
小さいころの従弟の夢は、宇宙の仕事でした。
角田には宇宙開発事業団のロケット開発センターがあるので、(意外と知られていませんが)、従弟は学生時代、我が家にも見学がてら、遊びに来てくれたことがありました。
今、その夢にぐっと近づいて、ロケットエンジンの仕事にかかわっています。
名古屋に行くのは初めてだったので、行は「こだま」にのってしまい、「これって、本当に新幹線?」という超のんびりの旅になりました。
それはそれで、まあよかったかな・・。
帰りは、めのまえの「のぞみ」に乗るために、お土産を買う時間もなくなってしまい、「赤福」「しゃちほこじゃがりこ」「どあらの恋人」の3点だけをゲットしました。
「手羽先プリッツ」・・未練が残りました(~_~メ)!

良い音2012/03/05 18:24

朝から、バタバタと過ぎた日でした。
昨日のうちに長女が長期休暇で帰ってきていたので、いっしょにじっちゃんの所へ行きました。
かわいい孫の顔を見せることができて、良かったです。
それから、各種用足しを済ませ、直売所へGO!
女志会が集まって、彼岸花の造花づくりの仕上げをしました。
店内に飾ると、パッと華やかになります。
なんといっても、女衆の楽しみは、仕事をしながらのおしゃべりです。
お話して笑ってが、絶え間なく続きます。
店内に入ってきたお客さんが「ずいぶんにぎやかですね」と、にっこり。
女志会の活気が、直売所を照らしているんですね。
家に戻ると、今度は母屋の片づけが待っていました。
昨日のうちに畳が入ったのですが、この機会に他の二部屋も畳と床を張り替えることになり、またまた引っ越し作業の再開です。
長女の応援をもらい、少しだけ道筋ができました。
あっという間に夕方になり、今すぐそばでは、長女が料理中です。
「この包丁切れないね・・」と、ぼそっと言いながらも、トントンと野菜を刻む音や、ガスを点火する音が、耳に心地よく感じられます。
良い音です。

仙台空港2012/03/06 14:42

長期休暇中の長女が、ソウルに行くというので、仙台空港まで車で送りました。
仙台空港に行くのは、震災以来、初めてです。
4号線から沿岸部に入るとすぐに、瓦礫の山が・・。
道路沿いの縁石も、まだぼこぼこで、修理が終わっていません。
今も、がれきの撤去のために、現場ではフル稼働で動いています。
こうした地道な力のおかげで、長女もソウルへ行けるわけです。
仙台空港は、大きな爪痕を残したまま、踏ん張っていました。
その姿に、「がんばっぺ、東北」の文字がリアルに見えて、また少し、勇気をもらいました。

春に誘われて2012/03/07 17:29

3.11までもうすぐ1年。
テレビでも特番が組まれていて、つい目にしてしまい、夕べは情けないことに、地震の夢にうなされてしまいました。
今日は、生かされていることに感謝しながら、母屋の片づけやら、用足しに一日を過ごしました。
買い物ついでに、春色の口紅とシャドウを買いました。
いつも、娘たちのお下がりをもらって間に合わせてきたので、化粧品を買うなんて、何年ぶりでしょうか・・。
春を予感させる陽気に、誘われたのかも知れません。
明日は、泊りがけで、小千谷へ行きます。
牛太郎が、9日に卒業を迎えるのです。
東山の皆さんとの再会が楽しみです。
そして、牛太郎の、長年のお勤めをねぎらってきたいと思います。
東山小のHP:http://www.city.ojiya.niigata.jp/east_mt/

小千谷は雪の中2012/03/09 21:41

まずは、東北新幹線で大宮まで。
そこで、上越新幹線へ乗り換え、さらに浦佐からローカルな上越線に乗り換え、片道約4時間の旅で小千谷へ行きました。
「今からは、一雨ごとに雪が少なくなっていくんですよ」
そういわれましたが、まだまだ雪は2メートル近く積もっています。
雪の壁に「はあ~」とためいきをつきつつ、農家民宿の「新助」さんにお世話になりました。
鯉料理や山菜料理のおもてなしを受けながら、東山小学校の先生方と語り合いました。