ご無沙汰していました2016/02/02 16:32

お久しぶりです。
年末年始と、2度も骨折を繰り返し、入院しております。
大分、体の自由度も増してきました。
完治までしばらくかかりそうですが、リハビリ頑張ります。
病院にいても、デスクワークはできるので、これを機に、少し原稿を書き溜めたいです。
痛すぎる休暇になりましたが、糧にできるようになりたいです。
お世話になっています皆様、ご心配とご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。病室より

読書感想文2016/02/05 08:26

本日付毎日新聞朝刊に、青少年読書感想文全国コンクールの入賞作品等が掲載されました。
「チョコレートと青い空:小泉るみ子 絵:そうえん社」で、感想文を書いてくれた子が、毎日新聞社賞を受賞しました。
感想文を読ませていただきましたが、文章構成も素晴らしく、テーマをしっかり自分に引き付けたものになっていて、感動しました。
今日は、晴れの表彰式でした。
本来ならば会場でお祝いを言いたかったのですが、入院中…。
編集さんにお願いして、お手紙などを託しました。
入賞者の皆さん、おめでとうございます。
感想文を書いてくださった皆さん、ありがとうございました

ギプスよさらば2016/02/16 17:13

ご報告が遅くなりましたが、病院生活から卒業です。
通いでリハビリします。
今日は、左手のギプスも外れました。
主治医の先生にお墨付きをもらうのは、来月になると思います。
転ばないように、気を付けます。
ご心配いただきました皆様、本当にありがとうございました。

黄砂にいどむ 緑の高原をめざして2016/02/26 11:24

高橋秀雄先生の新刊「黄砂にいどむ 緑の高原をめざして:新日本出版社」
春になると、日本の空を覆うこともある黄砂。
宇都宮大学の一前宣正教授は、その、黄砂の研究を続けています。
私は、本書を読んで、黄砂の最前線で暮らす人々の過酷な暮らしを知りました。
砂漠化がどのような仕組みで引き起こされるかも、よくわかりました
今、すさまじいスピードで広がっている砂漠化が、いかに恐ろしいことか、ひしひしと伝わってきます。
そして、問題にマヒしてしまう心理も、恐ろしいことがわかりました。
強い問題意識を持った一前教授は、砂漠化を食い止めるために、ある植物に目をつけるのです。
それがどんな植物かも、ぜひぜひ本書をお読みいただきたいと思います。
中国の広い国土を、何日もかけて駆け抜ける、一前教授のパワフルなことにも圧倒されます。
私も悪路を車に揺られて、一前教授に同行したような気持になりました。(深刻な話しの中、ドライバーの方の裏話にはちょっとくすりとしてしまいました)
砂漠が広がった大地に、再び緑が戻りますように。

読書感想画中央コンクール2016/02/26 16:10

26日付毎日新聞朝刊に、読書感想画中央コンクールの結果が掲載されました。
「金色のキャベツ: 佐藤真紀子 絵:そうえん社」は、小学校高学年の部の指定図書となり、たくさんの小学生が絵に描いてくれたようです。
受賞作の「キャベツのために♪♪」も紙面に掲載されいてて、うれしく拝見。
今日は東京で晴れの表彰式がありました。
生で絵を見たい!受賞者に直接お祝いを言いたい!と願いましたが、残念ながらまだリハビリ中の身。
編集さんにお祝いのお手紙を託しました。
私は、文章で心象風景を描きます。
画才という、素晴らしい才能に恵まれた人は、絵で表現できます。
ツールは違っても、「表現」で共有できるものがあるなんて、本当にすてきなことで、わくわくします。
感想画を書いてくださったみなさん、本当にありがとうございました
受賞者の皆さん、おめでとうございます!