ちゃぐりん2017/02/01 17:36

ちゃぐりん3月号;いのちの音色に、岩手県大船渡市の金野聡子さんの物語を寄稿させていただきました。
東日本大震災発生から6年が過ぎようとしていますが、いまだに、写真洗浄の依頼があるそうです。
金野さんからは、紙の魅力、古書の意義、本の持つ力など、初めて知ることをたくさん教えていただきました。
http://www.ienohikari.net/press/chagurin/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック