かぶとほうれんそう2017/02/07 14:07

寒いけれど・・、今日はなんとしてもカブとほうれん草が食べたいのである、と心の赴くままに畑に行きました。
空からは、けし粒のような雪が落ちてきて、ジャケットの表面に落ちるたびに、プチプチと不思議な音を立てます。
私はこの音が好きです。
少しの間、雪の奏でる音に耳を傾けました。
それから、白くよく太ったカブにあたりをつけながら、抜いていきました。(今晩、ソーセージといっしょにポトフにします)
次に、寒さのためにロゼットになったほうれん草の根っこに、包丁の先を当てて切り取っていきました。
サクリサクリと、畑の土の感触が刃を伝わってくるのも心地よいものです。(ほうれん草は、おひたしにします)
ほうれんそうとカブを抱えて畑に立つと、土のにおいが変わってきたことに気が付きます。
春は確実に、近づいています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック