南総里見八犬伝 運命に結ばれし美剣士2017/04/11 20:26

越水利江子先生のストーリーで楽しむ日本の古典シリーズ:『南総里見八犬伝 運命に結ばれし美剣士:岩崎書店」
南総里見八犬伝は、江戸時代の馬琴が書いた大人気の長編小説です。
窮地に立った里見吉実は、ある時、愛犬八房に「敵将景連を討ち取れば伏姫をやろう」と口をすべらせます。
景連の首を持ち帰った八房との約束を果たすため、伏姫は八房とともに富山の洞窟にこもります。
姫を取り戻しにきた家臣の金碗大輔は、鉄砲で八房を撃ち殺しますが、伏姫は自害。その時、護身の数珠から、八つの玉が飛び散ります。
やがて、犬の文字を苗字にもち、仁義礼智忠信孝悌の珠それぞれをもつ剣士たちが、不思議な縁に導かれて集まっていくのですが・。
時代物の名手でもある越水先生が、児童向けの物語として手掛けられた、この物語。
オリジナルの物語に忠実である確かさに加え、力強さ、そして文章の美しさにぞくりとします。
次々と場面が転がる面白さ!江戸時代の人たちは、こんなに面白いお話を読んでいたんですね~!
今回の本は前編。続きを早く読みたいです。後編の刊行を、心待ちにしています!!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック