西郷隆盛2018/03/10 09:48

越水利江子先生の「新・歴史人物伝 西郷隆盛」(駒草出版;)。
現在NHK大河ドラマで放送中の「せごどん」(史実を越えた?歴史ドラマとしても楽しめます)もあり、誰もが知る西郷隆盛。
江戸時代末期、薩摩の下級藩士の家に生まれながら、薩摩藩主・島津斉彬に見いだされます。
斉彬の急死後、島津久光から疎まれますが、西郷を慕う人は数知れず、歴史の大舞台で活躍することになります。
それにしても、西郷にふりかかる苦難の、なんと多いことでしょう。
本書は、西郷の歩みが史実に沿ってとてもわかりやすく描かれています。同時に、情に厚く義を重んじた西郷の熱気、そして人物の躍動感もひしひしと伝わってきます。
今年は明治維新150年だそうですね。
ちなみに、私の母の実家でもある会津をはじめ、奥羽越列藩同盟で戦った地では、戊辰戦争150年と呼んでおります。
あとがきに、錦の御旗は、討伐軍のアイデアで作ったものとありました。
時の権力状勢によって、賊軍にも官軍にも転んでしまう。それは、西南戦争で散った西郷も同じだったのでしょうね。

コメント

_ rieko ― 2018/03/10 10:40

拙著のご紹介ありがとうございました。西郷さんは魅力的な人でしたが、史実を調べる中、会津や新選組、庄内など賊軍と呼ばれた人達の苦しみや、だからこそのサムライ魂に触れて、幕末に生きた人々の生の声を聞いた気がしています。

_ どじょう ― 2018/03/10 20:06

RIEKO様 あとがきに、うるっときました。庄内の人たちが、西郷の恩情に触れたという逸話も最近知りました。まだまだ知らないことばかりでした。素晴らしい本を読ませていただきありがとうございました!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック