兄ちゃんは、戦国武将!2018/06/26 10:46

佐々木ひとみさんの「兄ちゃんは、戦国武将!」くもん出版。
とても面白かったです。
大会作品のころから,さらに厚みが出ていますね。
主人公の男の子が、伊達を「いたつ・・」と読んじゃうとこはふきだしてしまいました。
そして、郷土を大事に思うこと、一生懸命って最高!というメッセージが、子どもたちに素直に届くと思います。
震災の記憶がおぼろげになっている子どもたちにとって、興味深く読むことができる内容ですね。
7年かけてのご出版・・まさに、満を持してということでしょうか。
全編に、仙台愛にあふれています!仙台の皆さんは大喜びすることでしょう。
伊達武将隊の皆さんも、うれしかったでしょうね~。目に見えるようです。
幸せの本ですね!
本の中にもフレーズが出てきますが、震災直後は、私も同じでした。
世界が色を失って、白黒写真のようにしか見えなかった・・。そんな時、佐々木ひとみさんは、伊達武将隊に勇気をもらったといいます。
その時の感動を、このような作品に昇華されたことを、同じ宮城の作家として(と言って良いですか?)尊敬いたします。
本の奥には、拙書「仙台真田氏物語」も載せていただいたようですので、相乗効果でたくさんの人に読んでもらえたら、うれしいです。
佐々木さんとは「宮城の児童文学を盛り上げたい」と話していますが、この作品が、その先鞭となってくれると思います。

コメント

_ roku ― 2018/06/27 08:08

どじょうさん、お忙しい中読んでいただき本当にありがとうございます<(_ _)> どしょうさんの言葉を励みに、また次に向かって歩き出します。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

_ どじょう ― 2018/06/27 17:50

roku様 みんなが幸せになれる本・・いいですね!おめでとうございました~!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック