石こ賢さん2018/08/22 16:43

宮沢賢治の作品を読むときに、家族関係、宗教、科学、農業、風土の視点があれば、より味わい深くなるのかもしれないなあと思うこの頃。(もっとあるかもしれませんが、これしか思い浮かばず・・)
大学生の時に読んだ「春と修羅」は、頭が悪すぎて良くわからなかったのですが、あの時、この本に出会っていれば~!
元素だけでなく、賢治を「石っこ賢さん」ならしめた鉱石も充実している本です。
しかも、「化学同人」が出している本です!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック