災害にあったペットを救え2019/04/01 16:54

高橋うららさんの「災害にあったペットを救え:小峰書店」
大きな災害に会った時、ペットの命をどうすればよいのか?
人命が一番とはいえ、ペットは家族同然の存在です。
とても大事な問題なのに、これまで真剣に議論される機会はあまりありませんでした。
東日本大震災下のペットをとりまく過酷な状況に心を痛めたことで、獣医師チームが立ち上がります。
飼い主の心を救うためにも、ガイドラインが作られつつある「ペット帯同避難」。
避難所でペットと暮らすためにも、他の避難者に迷惑をかけないために、物資やペットへのしつけなど、日ごろからの準備が必要であることがわかります。
また、帯同避難への理解を広めることも大事であることもわかります。
こうした取り組みが、広く理解されるといいですね!

*この本の中で、同人の仲間の元気な姿に再会できました!季節風の皆様、読んでくださいね~!
https://www.komineshoten.co.jp/search/info.php?isbn=9784338321037

コメント

_ うらぴょん ― 2019/04/02 05:43

拙著のご紹介、ありがとうございました!
この本では、ペットの問題しか書ききれませんでしたが、VMATチームは牛や馬などの大動物も治療します。ぜひ全国の都道府県に設立されてほしいと思っています。

_ どじょう ― 2019/04/02 08:48

うらぴょんさま 本当に、今から考えておかなければならない問題ですね。たくさんの方に広まっていってほしいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック