減農薬のこと2019/04/07 08:28

東京では、いろいろな方に会うことができます。
「農家してます」と自己紹介すると「無農薬栽培なんでしょうね」と、期待をこめて(?)いわれることがあり、とまどうことがたびたびあります。
たぶん、「無農薬栽培=良い農家&正義の人」みたいなイメージがあるのかな?
我が家は米を作っていますが、減農薬です。
初期に雑草抑制の除草剤とイモチ防除剤を使用します。(と書いてしまうと、悪い農家だ!と思われてしまうかな・・)
農薬については、これまでの反省があり、環境負荷が少ない製品が開発されています。
だから、今の田んぼには、たくさんの生き物が住んでいるんですよ!
安心してくださいね。
作物を育てることは、病害虫や雑草との戦いです。(まじで、戦いです!時々、人が負けそうになるぐらい、すごいんです!)
特に、米にとって恐ろしいのは、いもち病。
広範囲に壊滅的な被害をもたらすのです。
今は食べ物が余っているのでぴんと来ないかもしれませんが、田畑が大打撃を受ければ、あっという間に食糧不足になる危険性はあるのです。(現場にいると、危機感は常にあります)
他に、カメムシ防除剤という農薬もあります。(我が家では、今の所必要性を感じないので使用していません)
カメムシが米の汁を吸うと、米に黒い斑点つきます。
斑点がついても人が食べることはできますが、消費者の方にはきらわれます。
以前、我が家の米に斑点米が混ざってしまい、こんな米を食べさせるとは何事か!とお客様にお叱りを受け、頭を下げて謝ったことが・・💦
今は、一般に出回るお米は、色素選別機で斑点米や色素沈着米をはじいています。
ですから、消費者の皆様には、真っ白のお米を食べていただくことができます。(色素が沈着する米粒があることなど、本来のお米の姿も、もっと知ってほしい気もしますが・・)
ここで懸念されるのが温暖化。
このまますすめば、高温多湿の日本では、ますます病害虫の被害が増えることでしょう。
その中で、食べ物を安定して確保するのはどうすればよいのか。
多面的に考える必要がありそうです。

コメント

_ おおぎ ― 2019/04/07 16:01

 どじょう様 田んぼの季節が始まりますね! うちも2年間休んでいて、今年再開です。委託でやってくださる方におまかせではあるのですが、(今年から違う方にお願いします)やはり除草剤はまきますし、たしかカメムシの駆除剤も使っていたと思います。
 農家の方達には頭がさがります

_ どじょう ― 2019/04/08 09:06

おおぎさま 休耕田の再開、良かったです。たぶん、休んでいる間に雑草の種がどっさり入っていると思いますので、復旧までに時間がかかるかもしれませんね。でも、自分の田んぼのお米はおいしいですよね。田んぼも喜んでいるかもです!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック