オオカミのお札2017/09/13 14:27

おおぎやなぎちかさんの「オオカミのお札」中川学 絵 くもん出版 …シリーズ三冊同時発売となりました!
オオカミ信仰をモチーフに、江戸、昭和、平成の、それぞれの時代の人の心を描いています。
おおぎやなぎさんの文章は、文学的な香りが高く、描写力にうならされます。
江戸の疱瘡、昭和の戦争、平成の大震災。
いつの時代も、人は理不尽な災いに苦しみ、祈らずにいられないのですね。
3巻のp109:4~7行が、強く心に残りました。(ぜひ、本で読んでくださいね!)

三冊に流れる、生きることへの人間の想いと願いが、ひたひたと読者の心におしよせてきます。
おおぎやなぎさんのデビュー作でもある、傑作「しゅるしゅるばん」の世界観にも通じるものを感じました。
京都のお坊さんが描かれたという絵も、びったり!見事なマッチングですね。
私のすむ部落の神様は「馬」ですが、阿武隈山系の村には、オオカミ信仰があったようです。
カヨ、正次、美咲は、一つの線の上でつながっています。
ぜひ、三冊揃えて読みたいシリーズです。

コメント

_ おおぎ ― 2017/09/13 14:52

 どじょう様

 和牛オリンピックでお忙しい中、読んでいただいて、その上身に余るお言葉をありがとうございます。
 ああ、馬もそうですね。福島の神社にあるオオカミの天井画も、一度拝見したいと思っています。
 岩手の色づいた田んぼを見ながら、どじょうさんの『あぐり☆サイエンスクラブ』を思い出しております。(明日帰りますが)本当にありがとうございました!

_ どじょう ― 2017/09/14 07:48

ちかさん お見事な作品、おめでとうございます!震災をこういう形で書くこともできるんだなあと、感じました。ちかさんの本を読んで、勉強させていただいた点がたくさんありました~(物書き目線で、つい!)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック