赤毛のアン2018/02/09 16:22

宮下 恵茉さん翻訳による「100年後も読まれる名作(7) 赤毛のアン 単行本 :L・M・モンゴメリ (原作):KADOKAWA」
子どもの頃にくり返し読みましたが、久しぶりに読み返し、本当に名作だなあとしみじみ。
これまでたくさんの方が翻訳を手掛けてこられましたが、宮下さんの手によって、とてもわかりやすく、読みやすい文章になっています。(名作翻訳は作家みょうりに尽きますね!)
巻末には、読書感想文の書き方まであり、今年の夏休みにぴったりです。他にも、読書へ誘う楽しい工夫がたくさん!
カラーイラストもふんだんに使われていて、手元に置いておきたい大事な1冊になりそうです!
イチゴ水(ラズベリージュースだったんですね~!初めて知りました)、マシュウのワンピース、こなごなになった石板、・・アンの魅力的なキャラクターとともに、時代は変わっても、子どもたちの心を動かしてくれるものだと思います。子ども時代に、ぜひ読んでおきたい1冊です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック