なみき ビブリオバトル・ストーリー2017/07/08 16:09

ビブリオバトルって、聞いたことありますか?
参加者は、5分ほどの決められた時間内で、お勧めの本について発表します。
その中から、読みたい本として得票を集めたものが「チャンプ本」に選ばれる、「書評合戦」です。
赤羽じゅんこさん、松本聰美さん、おおぎやなぎちかさん、森川成美さんの4人の共著による、「なみき ビブリオバトル・ストーリー 本と4人の深呼吸:さ・え・ら書房」は、並木図書館で開催された、4人の小学生によるビブリオバトルの物語。
修、アキ、玲奈、陸たちが選んだ、お気に入りの本。
人と人の間には、めぐりあわせのドラマがありますが、人と本の間にも、めぐりあわせの物語があるんですよね~!
そこに着眼してのアンソロジー企画、とてもおもしろかったです。
一人一人の物語も立ち上がっていて読ませますが、全体が無理なくまとまっていくのも、4人の執筆者が何度も打ち合わせを重ねて・・というお話を伺い納得です。
紹介されていた本は、どれも読みたくなりました。
玲奈さんのおすすめ本は、ぐいぐいと迫ってくる感じでした。
陸君のおすすめが、池谷裕二さんの「進化しすぎた脳」というのには、個人的には大喜び!
並木図書館のビブリオバトル、次回はいつでしょう!?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック